« フェルト犬 その2 | トップページ | プチ旅行 »

2010年4月26日 (月)

狂犬病の予防接種

今日、Yahooのトピックスでこんな記事が出てました。

50年ゼロ 狂犬病注射は必要か  http://netallica.yahoo.co.jp/news/120402


50年も国内での発生が無く、いまや狂犬病の予防接種は獣医さんの利権に成り下がってしまっている。狂犬病の予防接種は必要ないのでは?と言った内容です。


専門的なことはよくわかりませんし、ああだこうだ議論するつもりも無いのですが、狂犬病の発生がなかったと言うのは、日本が島国で外から入ってきにくいなんてこともあってたまたまなんじゃないかなと思うわけです。

接種率が4割ほどしかないのに病気が発生してないといってもどんどん飼育頭数が増えている状況なんだから逆にいつ発生してもおかしくないと言う発想は出来ないのでしょうかねぇ?

ワクチンの原価が300円ほどでほとんどが技術料だと言いますが、適当に注射を打ってハイ終わりと言うような無責任な獣医さんならいざ知らず、我が家のかかりつけでは、きちんとワクチンのロットナンバーの照合、注射を打った後は約20分後にアレルギー症状が出ていないか検診し、心拍数が高いなど心配な場合はアレルギーを抑える薬の処方などをしてもらえます。接種料金の3000円は高いとは思えないです。人間が風邪で診察してもらっただけで結構な診察料を取られますよね?

アレルギーを持ってる子は接種を免除されるはずですので、健康な子はきちんと打ってあげたほうがいいんじゃないかな。もし蔓延したら、予防接種していない子は感染拡大防止で処分されちゃうんじゃないかと。


我が家は万一のときにわが子を守るため、予防接種を受けさせますよ。

« フェルト犬 その2 | トップページ | プチ旅行 »

人ひとりごと」カテゴリの記事

動物病院」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フェルト犬 その2 | トップページ | プチ旅行 »